ありフェス2018

感謝の言葉

 

 

 

みなさま ありフェスに

 

たくさんご来場頂きまして

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

ありフェスは7回目を迎え

 

1年間また準備をしてきました。

 

今年は いろいろな町の事情で

 

プラン変更を繰り返し

 

屋内と 隣接するスペースで

 

開催する型となりました。

 

今出来ることを!

 

と精一杯詰め込んで

 

みなさまのお力を借りて

 

無事終了することが

 

できました。

 

 

 

本当にありがとうございます。

 

沢山のみなさまから遠方より

 

ご来場頂きましたこと

 

こころより感謝します。

 

 

 

会場でもお伝えしましたが

 

雨の影響で 外のパフォーマンス

 

スペースでのラインナップが

 

行えなくなった為

 

急遽 屋内ステージのタイムテーブル

 

に組み込んだ事で

 

タイムテーブルに大きな遅れが

 

出てしまいました。

 

本当にみなさまのご予定に

 

大きな影響をだしてしまい

 

大変申し訳ありませんでした。

 

遠方からのお客様 にも大変

 

ご迷惑をおかけしました。

 

 

 

会場の都合で1ステージ制と

 

なった事での不慣れな部分も

 

あったと思います。

 

ご指摘 ご意見大変勉強になりました。

 

 

 

 

 

沢山のみなさまから

 

応援もご批判も頂きました。

 

ありフェスのために

 

みなさまが作るありフェスの

 

ために本当にありがとうござます。

 

 

 

また改めて勉強し

 

また準備していけたらと思います。

 

 

 

ありフェス。

 

 

 

お客様のみなさま

 

アーティストのみなさま

 

スタッフのみなさま

 

ご協賛の協力を頂きましたみなさま

 

全ての関係者のみなさま

 

に心より感謝いたします。

 

 

 

ありフェス2018 THE UTOPIA

 

みなさまありがとうございました!

 

 

 

「さあ 何度でも何度でも

 

   夢を見せてくれ」

 

 

 

 

 

未来に向かって!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおつちありがとう

 

ロックフェスティバル 実行委員長

 

 

 

岡野シゲオ

 


八月五日(晴) 開催!


 

              決意表明 (2018

 

 

 

  みなさま お元気ですか?

 

  いつもありフェスへ、そして大槌町への応援とご協力頂き

 

  本当にありがとう御座います。

 

  時は2018年いよいよありフェスも7回目となります。

 

  本当にみなさまの協力と情熱で作られているフェスです。

 

    心から心から感謝とお礼申し上げます。

 

   

 

  更に熱く「感謝」を発信して行けたらと思っています。

 

  昨年は 「続けて行くこと。」 THE OVERをテーマに

 

  最高の真夏の「感謝の日」を作ることが出来ました。

 

  ご協賛頂く皆様 関係業者の皆様 アーティストの皆様

 

  ありフェスにご声援頂く皆様 そして会場に駆けつけてくれる皆様

 

  全ての皆様の溢れんばかりの情熱と 感謝 そして多大なる ご協力を頂いて

 

  THE OVERは最高の夏の1日となりました。本当にありがとう

 

  ございました。

 

  

 

 

2018年 。7回目の夏がやって来ます。ラッキー7とは良く言った

 

  もので震災から7年ということになります。

 

  私達は良く言うんですが 確かに震災があっての復興フェスという

 

  テーマがあっての誕生でした。

 

  しかしながらみなさまと 出逢い 感じ 頂いた愛に感謝を伝える

 

  だけではなく更に 新しい大槌町に新たな笑顔と情熱を作ろう!

 

  たくさんの皆様が ありフェスを通じ出逢い 繋がり これからの

 

  未来に 子供達が新しい 何かを見つける手助けになれるような

 

  イベントを作ろうとテーマを定め毎年TRYしています。

 

  我々も本当に勉強させてもらっています。

 

  過去の大槌になかった事に挑戦 できるのは 本当にみなさまの

 

  おかげなんです。

 

 

 

  大好きな歌の歌詞があります。

 

  「何度でも 何度でも 夢をみせてくれ」

 

  心の奥底に眠るさまざまな思いが一気にこみ上げてきます。

 

  諦めたら終わりなんです。

 

  

 

  ここにある 本当のありがとうを。

 

      ここにしかない 真夏のありがとうを。

 

  愛して 続けていきたいんだ。

 

  ここだけのものを。

 

  

 

  みなさまに何を言おうか考え抜いた結論はこれなんです。

 

  本当に少しずつ「ありフェス」の独特感みたいなものを

 

  感じいただけたみなさまよりありがたいお言葉を頂く様に

 

  なってきました。

 

  昨年それを特に感じ ご協賛 そして募金にしても沢山の情熱

 

  という名のご協力を頂いたんです。

 

  心から大切にしていこうと思いました。

 

  

 

  その思いは きっといつかたくさんの所に繋がって行く。

 

  「ありフェスはありがとう!だから。

 

   アーティストもみんなマジ言うから!」そういってステージに

 

  向かって行くお客様がいた。感動しました。ここにも仲間がいる。  

 

  僕らと半分は年が下の女の子。またここで会いたいなっておもいます。

 

  

 

  みなさんの想いが人と人を結び 町と街を結んでいきます。

 

そのマジックは 未来に繋がり またいつか巡り逢う。

 

みなさんが繋がり起こす「感謝」と「出逢い」という魔法です。

 

僕たちはジャンルの垣根を取っ払い自分達の「ロック」を作ります。

 

大槌にしかない ありフェスで見れない手作りの 「聖域」を。

 

 

 

全ては大槌町民 そして大槌を思う 全国のいや全世界の

 

  大槌人(おおつちびと)の気持ちで作り上げられるものです。

 

  来て頂くみなさまはもちろんアーティストのみなさま ご協力頂く企業の

 

      方々 イベントの方々応援頂く全国の 友人のみなさま そして声一つで

 

      たくさんの協力をしてくれる仲間 そして町民のみなさまなど

 

      たくさんの思いをお借りしています。

 

 

 

  毎年お願いしていますが 交通状況も町の環境もまだまだ良いとは

 

      言えないこんな遠くのこの町です。

 

  駅もないですしね。。でも毎年駆けつけてくれるみなさまがいます!

 

  昨年駆けつけてくれた皆様もたくさんいます!

 

  だからお願いします。「感謝」はあらたなカテゴリーへ更に

 

  向かいます。出逢いという奇跡へ。

 

 

 

   

 

  

 

ありフェス2018のテーマは

 

  

 

     THE UTOPIA

 

 

 

      「感謝は 新たなる聖域へ~SVNHVN

 

  

 

   約束の真夏の感謝の日は

 

       ありがとう!が集まるユートピア SVNHVN(セブンへブン)へ

 

  

 

  どうかみなさま今年もありフェスを何卒よろしくお願いします。

 

  今年もTRYしていきます!

 

  ありフェスのその思いを感謝を また一つ強烈に 増やしたいと思います。

 

  そのありフェスにどうかみなさま 今年も

 

  みなさまのとてつもない感謝と情熱その力を

 

  今年も 貸して下さい。

 

  今年も本気で大槌発信します!

 

  そのためにみなさまの思いを貸してください!

 

  

 

      STAFF一同 みなさまとの感謝の聖域を作り上げるために

 

  がんばっていきます。

 

     

 

  また 真夏の大槌でお会いしましょう!

 

  昨年までお逢いできた皆様ありがとう御座います。

 

  又是非 お逢いしましょう。

 

  新たにありフェスを知り 興味を持って頂いたみなさま。

 

      ありがとうございます。感謝の真夏のユートピアへ

 

  是非みなさまでいらして下さい。

 

 

 

  何卒おおつちありがとうロックフェスティバルをよろしく

 

  お願い申し上げます!

 

 

 

  追伸 毎年長くてすいません。。短く端的にではこの思い

 

  まとめきれません。クドいが売りの雨男です。

 

  いや今年もNO RAINでよろしくお願い致します。

 

 

 

  

 

  おおつちありがとうロックフェスティバル 

 

   実行委員長     岡野茂雄  スタッフ一同